ストーリー

能古島には、少年の夢も、仲間も、恋も、ぜんぶがありました。

能古島に住む小学4年生、シュン。
夏休み、ヒマを持て余していたシュンはかつて映画研究部員だった父・和由から古びたビデオカメラを譲り受ける。

「プレステ買う金やらないけん、こればやる。みんなと同じもん持っとってもつまらんやろ」

武骨なデザインが気に入ったシュンはすっかりカメラの虜に。
もともと父の影響で80~90年代のハリウッド映画が大好きだったシュン。
親友のノブ、タケちゃんと共に映画撮影の真似事に熱中するのだった。
しかし周囲には野暮ったい連中ばかり。どうにも画にならない。
これでは『スター・ウォーズ』も撮れやしない。

「んー、どっかにレイア姫おらんかいな……」

ある日、島在住のうるさい画伯ジジイ・智滋が一人の少女を連れて島へ戻ってくる。
亜麻色の髪。鳶色の瞳。
どこから見ても映画に出てくるような外人そのものだった。

「おった……姫」

少女の名はユイ。
ブラジル人の父と日本人の母を持つハーフで、生まれも育ちも福岡。日本語しか喋れない。
訳あって夏休みの間だけ、祖父の智滋に預けられたのだった。
シュンは智滋の家からユイを強引に連れ出す。
そしてこれが一目惚れであることがバレないよう、もっともらしく言うのだった。

「俺、監督やけん。お前ばスカウトしたと。分かるや?――お前ば、女優にしちゃる!」
「はぁ?バカやないと?」

シュンとユイの奇妙な関係が始まった――。